カートを見る

歓喜天

姿は決して見せない
仏教最強と言われる仏様
このページは毎年9月に行われる大聖歓喜天祈願の期間限定特設サイトとなります。
お申し込みには期限がございますのでご確認下さい。
お申込
9月15日まで承っております。
ご祈願が9月15日から9月23日までとなりますので、発送はご祈願が終わりました9月23日以降となります。
製作に日数を要しますので8月29日(日曜日)まで承っております。
ご祈願から一年間、聖天様へ奉納させて頂きますので発送は翌年の9月15日以降となります。


仏教強の仏さま

大聖歓喜天。通称「聖天さま」とは、
ヒンドゥー教の神「ガネーシャ」が十一面観音さまの法力により
仏教に取り入れられた(帰依した)もので、
象の頭を持ち、
人間の体を持つ男女の神さまが抱き合って
歓喜しているお姿と「言われております」。

あれ?言われております。。。
なんて、ぼかした言い方ですね。
この聖天様、

実は秘仏なんです。

秘仏として一度として公開されたことは無く、ご祈願も「秘法」とされ
拝んでいる姿は公開されていません。

そんな聖天様は「密教最後の方便」と言われるように
「この仏さまにお願いして叶えられない願いはない。」
とまで言われており、今では仏教最強とまで言われている仏さまです。

当山の聖天様は「七福即生」と言われ、
7つの福が訪れるとされております。


諏訪藩主護仏大歓喜天

当山の大聖歓喜天様は、
諏訪の神さまの血を引くと言われている氏族の
初代諏訪藩主の父「諏訪頼忠」の時代から守護仏とされ、
聖天祈願は約400年間、
一度も途絶えること無く続けられている
歴史あるご祈願です。

福即生


聖天さまは七つの福を
すぐに叶えてくれるといいます(七福即生)。

 大勢の人々より敬愛の福を得る
 知恵と弁才の福を得る
 子孫長命の福を得る
 諸々の徐病の福を得る
 相互扶助の福を得る
 商売繁盛・増財和楽の福を得る
 良縁成就・夫婦和合の福を得る


とても功徳がありますが、
その祈願法は極秘とされ、
さまざまな戒律のもと、
至心より修法しなければなりません。

そのため、
この仏様を拝む寺は全国でも少なく、
めずらしい祈願法です。


是非、
この良縁に出合われ福徳多き
道を進まれますことをお勧めいたします。

当山住職により、
下記の日程で皆様の諸願成就を祈ります。


全日程終了後、
祈願会を行い皆様に祈願札の授与を行います。

祈願日

九月十五日 午後六時
九月十六日~二十日 午前二時/午前十時/午後四時
九月二十一日 午前二時/午前十時
(神供:十五日・十八日・二十一日に修法)
*合計二十一ヶ座・神供三ヶ座で皆様の願い事の成就を祈ります。
九月二十三日祈願会 午後一時


配信に関しまして
ご祈願の様子はYouTube仏法紹隆寺チャンネルにて一週間生配信致します。
※拝み方も秘密ですので幕越しでの撮影になりますが、影の動きから伝わる臨場感を是非お味わい下さい。

YouTubeはこちら
仏法紹隆寺チャンネル

大聖喜天 祈願札

諏訪聖天の七福即生 「七つの福」

 大勢の人々より敬愛の福を得る
 知恵と弁才の福を得る
 子孫長命の福を得る
 諸々の徐病の福を得る
 相互扶助の福を得る
 商売繁盛・増財和楽の福を得る
 良縁成就・夫婦和合の福を得る


法人名でも受け付けております。
寸法 高さ36cm x 幅8cm x 厚み約1cm
※お申し込み期限は9月15日となります。
※発送に関しまして

ご祈願は9月15日から23日までとなりますので発送は9月23日以降になります。

大聖歓天 奉納旗 限定30旗

諏訪聖天への奉納旗 (限定30旗)

聖天堂までの石畳に一年間、お名前入りの旗を奉納し、
一年後にお手元へお届け致します。
法人名でも承っております。

※製作に日数を要しますのでお申込期限にご注意下さい。
お申込期限 8月29日(日曜日)

寸法 高さ180cm x 幅60cm
※発送に関しまして
旗の奉納は9月15日からの一年間となりますので発送は翌年の9月15日以降になります。
聖天堂へと続くおよそ15mの石畳。
その両脇へと建てられる旗は願いをまっすぐ届けるための道しるべ。
太陽・雨風そして雪にあたりながら一年間、旗に聖天様のご加護を祈ります。

画像はイメージです。


諏訪藩主家紋「梶の葉」

諏訪家は代々諏訪神社の大祝(おおほおり)と言う神様を祖とする一族です。
江戸時代の諏訪藩主家(惣領家)は戦国時代に諏訪神社の大祝から分家し
諏訪地域の領主として政治を担っておりました。
その初代諏訪頼忠公(初代諏訪藩主の父)により当山は祈願時に指定され、
諏訪藩主の紋である
「丸に四つ足梶の葉」
を下賜されて寺紋としております。



紋様とは、日本の伝統工芸において昔から建物や着物、食器などに数多く用いられてきた日本らしさともいえる縁起物です。

今回、木札と奉納旗に使用したこの柄は
仏法紹隆寺の寺紋「梶の葉」と「久我竜胆(くがりんどう)」を、当山の大イチョウの葉やギンナンと共に図柄化した当山独自の縁起ある紋様です。

歓喜天浴油祈願 特別大祈願

お申込期限 8月29日(日曜日)
限定30旗


1.御札(高さ36cm x 幅8cm x 厚み約1cm)
2.旗 (高さ180cm x 幅60cm)

※旗のみの受付は承っておりません。

※発送に関しまして
 お札:ご祈願は9月15日から23日までとなりますので発送は9月23日以降になります。
 旗:旗は一年間奉納させて頂きますので発送は翌年の9月15日以降になります。

  • 15,000円
  • (送料込)

大聖歓喜天浴油祈願 特別祈願

1.御札(高さ36cm x 幅8cm x 厚み約1cm)
※発送に関しまして
ご祈願は9月15日から23日までとなりますので発送は9月23日以降になります。

  • 6,000円
  • (送料込)

大聖歓喜天浴油祈願 一般祈願

1.一般札(高さ36cm x 幅7cm x 厚み約1cm)
※発送に関しまして
ご祈願は9月15日から23日までとなりますので発送は9月23日以降になります。

  • 3,500円
  • (送料込)